【仕事】冴えない中年のオッサンはどんな”資格”を取れば人生一発逆転できるのか?

1 :情報通な名無し 2021/02/03(水) 19:08:58.60 gSNHW1mr0●.net BE:928139305-2BP(2000)
新型コロナウイルスの感染流行によって企業の業績は悪化し
人件費の高い「おじさん社員」への逆風はさらに強まっています。

しかし、それ以前から、業績が好調にもかかわらず中高年の社員
に希望退職や早期退職を促す企業が増えていました。

東京商工リサーチによると、2020年の上半期には上場企業41社
が早期・希望退職を実施し、その半数が黒字企業であったようです。
「給与も高く、時代の変化についていけない中高年社員を減らし、
プログラミングや語学に堪能な優秀な若手社員の採用にコストを
割きたい」と考える経営者は多いのです。

40代になって課長以上の管理職経験がない人は、転職で苦労
してしまうのも事実です。 かといって、いまから仕事に打ち込んで
出世を目指すというのも、不可能ではないですが、
実際のところは難しいでしょう。

そこで、打開策としてみなさんにおすすめしたいのが、
「地味な資格」を取ることです。

ここでいう「地味な資格」とは、「世間の知名度は低いけど、
法人に必要とされ、案外稼いでいる人が多い資格」を指しています。
社会保険労務士(社労士)や行政書士、土地家屋調査士など
の士業がこれに該当します。

「資格」と聞いて、「難しい」「面倒だ」「どうせ無理だ」と思う人も
いるでしょう。たしかに弁護士や税理士などの難関資格は
その印象に当てはまりますが、中年から人生挽回するために
それら難関資格を取る必要はありません。それに、合格しても、
若いうちからその仕事に就いている人たちと競い合うのは難しいでしょう。

一方で、社労士や行政書士といった「地味な資格」は
それら難関資格よりは難易度としては低く、働きながらでも
十分に合格を狙えます。実際に、2020年度の社労士試験の
合格者の分布を見てみると、合格者の約6割が会社員です。
そして年齢別分布を見ると、こちらも約6割が40代以上。
つまり、合格者の多くが中年のサラリーマンなのです。
(以下、ソースで)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c4aad56a80e111b2c693e324c2d93aaf77546f6f?page=1

3 :情報通な名無し 2021/02/03(水) 19:09:35.66 e23SIpJC0.net
医歯薬看法
8 :情報通な名無し 2021/02/03(水) 19:10:45.24 6Bwqk27S0.net
実務経験無ければどんな資格取っても無駄だよ
9 :情報通な名無し 2021/02/03(水) 19:10:47.07 g99eLaQb0.net
ひよこ鑑定士
14 :情報通な名無し 2021/02/03(水) 19:12:18.56 PcorIJYO0.net
宅建士?
19 :情報通な名無し 2021/02/03(水) 19:13:27.82 Yie8mDKV0.net
不発弾処理かな。
21 :情報通な名無し 2021/02/03(水) 19:14:15.42 FnKFj37Y0.net
医師免許
これを取れれば って取れるわけないけどね^^;
35 :情報通な名無し 2021/02/03(水) 19:17:04.27 E6RafbJF0.net
努力して来なかった人ほど一発逆転って言葉好きだな
答えは「無い」過去の行いが今の全て
無能は、当たらない宝クジを買い続けて夢見てるしかなく無い?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です