【政治・経済】中国などのビジネス入国、実習生を雇う目的だったwww もはや外人に頼らないと日本経済回らず…

1 :情報通な名無し 2021/01/14(木) 17:40:36.30 hpljBEgH0.net BE:668024367-2BP(1500)
コロナ禍の「ビジネス」入国、実態は留学生・実習生 中国・ベトナム・インドネシアが7割

 菅義偉首相は13日、コロナ禍にあって就任以来推進してきた入国緩和政策を全面停止することを打ち出した。「ビジネス往来」再開を掲げた緩和政策に基づいて日本に入国した外国人のうち、中国、ベトナム、インドネシアの3カ国国籍の人が合計で約7割を占めていたことが、出入国在留管理庁(入管庁)の集計で分かった。3カ国からの入国者の在留資格は、「留学」「技能実習」が計8割強に上った。
 実習生は「技術移転」の名目の下、工場や農林水産業の現場などで就労している。留学生の中にはアルバイトなどで働く人も相当数いるとみられる。いずれも「ビジネス往来」という言葉でイメージされがちな短期出張ではなく、就労や長期滞在を前提とした在留資格だ。
 経済界が求める外国人労働者受け入れに、積極的に応える菅首相の姿勢が反映した入国状況、との見方もできる。

2カ月で9万7000人超

 中国と並べて報じられることがある韓国は3421人で、緩和政策入国者全体の3.50%にとどまった。
 中国・ベトナム・インドネシアの3カ国国籍入国者の合計では、在留資格は留学が41.11%、技能実習が40.84%で並び、合わせて81.95%を占めた。次いで多いのが、在留外国人の配偶者や子どもの「家族滞在」5.00%、「技術・人文知識・国際業務」4.71%だった。

そもそも

 日本政府はこれまで、「研修生」「実習生」などと呼びながら、外国人労働者を「玄関」からではなく「勝手口」から受け入れてきた。コロナ禍の入国緩和にあっても広義の「ビジネス往来」として、実習生らを入国させてきたのは、同様の言い回しのように聞こえる。

続く
https://news.yahoo.co.jp/byline/yonemotofumiaki/20210114-00217491/

ダメだこの国…

3 :情報通な名無し 2021/01/14(木) 17:41:33.27 8dqy5Qjr0.net
実習生こき使わないと回らんところは潰れてしまえ
8 :情報通な名無し 2021/01/14(木) 17:42:20.80 w8GCALS+0.net
シンガポールを真似した制度やん。
9 :情報通な名無し 2021/01/14(木) 17:42:23.72 yNdXsAri0.net
なんで経済自粛してるのに外人雇用がいるんだよ
23 :情報通な名無し 2021/01/14(木) 17:47:24.23 uoOHm+H50.net
人手は余ってるけど賃金が安すぎて誰もその職を選ばないんだろ。
外国人いれる前に賃金上げて日本人雇えや。
88 :情報通な名無し 2021/01/14(木) 18:05:04.13 CVusU402O.net
中国韓国人の医療タダ乗りツアー
中国韓国人のナマポ
 
辞めるだけで豊かになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です