【雑談】結局「頑張った」なんて何も意味がないわけで、「どう結果を出すか」が大切なわけだよな

1 :情報通な名無し 2018/11/13(火) 00:35:08.264 RpOopHW20.net
例えばどれだけ遠くへ行けるかというレースがあった場合
頑張ろうって人はすぐにチャリンコこぎだして必死に頑張るわけだが
どう結果を出すかって考えた人はその日から免許とりにいってアルバイトでお金ためて原付を買うんだよね
そして始まってから二週間もたてば原付はチャリンコ追い越すわけだよ
焦った頑張る人は寝ずにでもチャリンコこぎ続けるだろうけど
それでも原付には勝てないんだよね
だってずっとひねってればいいだけだから
これが1ヶ月 半年 一年となったらもう二人の差はとんでもなく開かれてる
2 :情報通な名無し 2018/11/13(火) 00:36:33.597 RQFhMuYUd.net
長ぇしスレタイだけで伝わるから だから結果が出ねぇんだよ
5 :情報通な名無し 2018/11/13(火) 00:41:56.959 vphjQQ1Vp.net
まず効率的に結果をだすための方法を思い付くためにはある程度の頑張りが必要だから本文の例は現実的ではないな
現実の頑張らない奴は何時迄もチャリ漕いでるし現実の頑張る奴は頑張らない奴よりも先に原付というアイデアに気付いてる場合が殆ど
7 :情報通な名無し 2018/11/13(火) 00:44:17.619 vphjQQ1Vp.net
正直>>1みたいな机上の空論染みた結果主義が日本人の駄目なところ
例えばアメリカの教育法は結果云々よりもまずはベストを尽くしたことを褒める、こういう姿勢が大事
15 :情報通な名無し 2018/11/13(火) 01:00:16.224 vphjQQ1Vp.net
日本人に多いのが結果だけ評価して課程を評価しない馬鹿、そういう人間は「結果さえだせたらなんでもいい」ってノリで気合いだけでなんでも乗り越えようとする。或いはその場凌ぎのでどうにかしようとする。短期的視点しかない。こういうところが駄目。

アメリカの優れてるところは結果だけではなく課程も含めて評価するところ。
どんなに結果が良くてもそのために膨大な労力費やしてるなら評価しない(なんなら過程こそ重要視されるとすらいえる)。課程も含めて結果を評価するからこそあらゆるノウハウ(方法や課程)が合理化されていく。

大学受験でこの差が分かりやすく日本は完全に試験の点数だけで評価するがアメリカは試験だけでなく面接や学内生活も評価したうえで合否を決める。

馬鹿のひとつ覚えみたいな結果史上主義はゴミ。

18 :情報通な名無し 2018/11/13(火) 01:20:11.713 0We5sPT10.net
評価項目が違うだけじゃん
大学合格っていう目的が果たせてないならその目的のためにやってきたことは無駄だろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です