【政治・経済】サヨク「日韓関係悪化は安倍が韓国への賠償に向き合おうとしないのが最大の原因。逃げるな!」

1 :情報通な名無し 2019/12/15(日) 08:08:21 BE:844481327-PLT ID:wizq5BZG0●.net
deleted
徴用工問題の解決を

日韓関係が悪化している最大の原因は、安倍政権が徴用工問題はじめとした戦後補償に向き合おうとしないことにある。
植民地支配の謝罪・補償から逃げ回っていることが事態を悪化させている。

経済制裁も大法院徴用工判決を抑え込むためにひねり出した嫌がらせだった。
「日韓請求権協定で解決済み」との誤った見解を吹聴し「国際法違反の状態を是正せよ」と繰り返している。
日本政府は、国際司法裁判所への提訴を口にしてみたものの、争えば負けることは目に見えている。

 日本政府の不誠実な姿勢は世界では通用しない。請求権協定による5億ドル供与・貸付(無償3億ドルは、物品や役務)も「経済協力」と言いながら、実質「賠償金」だったと使い分ける二枚舌。
個人の請求権は消滅しないとの見解であるにもかかわらず、徴用工問題では「完全かつ最終的に解決」と個人請求権を認めないと矛盾した立場をとっている。

安倍政権は、ごまかすことなく、解決に向けた交渉に臨まねばならない。

http://www.mdsweb.jp/doc/1604/1604_02a.html

2 :情報通な名無し 2019/12/15(日) 08:09:12 Ho3RZ9IN0.net
徴用工問題なんて存在しない
10 :情報通な名無し 2019/12/15(日) 08:12:35 nQ74TkMZ0.net
韓国はもはや世界の中でテロ支援国家というポジションを確立しつつある。

そんな国と付き合おうと表明する馬鹿がいるのか?ん?いたら取引停止だぞ?ん?

28 :情報通な名無し 2019/12/15(日) 08:18:08.83 bKjJxfHd0.net
>>1
わかりやす過ぎでは

>GSOMIAは破棄し、戦後補償問題を誠実に解決せよ。日韓両政府に要求しよう。東アジアの平和を望むすべての市民とともに、米朝交渉を先に進めろと声を上げよう。

29 :情報通な名無し 2019/12/15(日) 08:20:15.65 3s3JWIaD0.net
なに?このソースw

38 :情報通な名無し 2019/12/15(日) 08:24:39.56 YGKbPsPz0.net
日本が賠償すべきと考えてる奴らだけで寄付すればいいだけの話
すまないと思ってるなら年収の2割ぐらい寄付できるよね
なんでしないの?
62 :情報通な名無し 2019/12/15(日) 08:37:30 RatsVXQ/0.net
賠償は終わっとる
跡は気持ちの問題だからあべが謝罪に何回か行けば済む
70 :情報通な名無し 2019/12/15(日) 08:45:32.18 vTATfgOB0.net
〔韓国フッ化水素横流し時系列〕

2004年:韓国ホワイト国入り
2007年:イスラエルシリアの北朝鮮製の原子炉を攻撃
2013年:米国イラン制裁の一部を緩和する事で合意
2014年:米国に凍結されている原油代金の送金が問題になる(←今回の支払い問題の原点)
2016年:米国イラン制裁解除(←ここで支払いができるはず)
2016年:日本の経済産業省と韓国の産業通商資源部との(政策)対話を韓国産業通商資源部がキャンセル、以降3年間対話なし
2018年:安倍イスラエルで靴の形をしたスイーツを提供される(日本→韓国→イラン日本産フッ化水素横流しを警告)
2018年:アメリカ対イラン制裁再開
2018年:日本・アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダ軍が北朝鮮の瀬取監視(2019年フランスも参加)
2018年:韓国海軍P-1哨戒機にレーダー照射
2018年12月2日:イラン韓国と物々交換開始
2019年:シリアでミサイル開発していた北朝鮮技術者、イスラエルの空襲で死亡
2019年:イランウラン濃縮の上限突破4.5% 20%まで引き上げ宣言
2019年:イスラエル大統領訪韓、黒塗りのタルムード(刑法)を贈呈
2019年:韓国ホワイト国指定解除
2019年:イランウラン濃縮20%目標見送り
2019年:イランウラン濃縮度を5%に
2019年12月12日:イラン韓国に原油代金の支払いを最後通告
2019年12月13日:徴用問題 旧日本軍の軍人・軍属も対象に
2019年12月19日:イランロウハニ大統領来日

79 :情報通な名無し 2019/12/15(日) 08:54:56 RatsVXQ/0.net
迷惑かけたのは事実だからな
あとは態度で示すしかない
あべには無理だろがww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です