【テレビ・芸能人】【芸能】“のりピー”こと酒井法子(47)、何でもない日常がありがたい…あれから9年、“怪物級美魔女”の現在

1 :情報通な名無し 2018/05/29(火) 18:36:32 CAP_USER9
のりピー、何でもない日常がありがたい…あれから9年“怪物級美魔女”の現在
2018年5月29日14時0分 スポーツ報知

“のりピー”が贖罪(しょくざい)の道を誠実に歩んでいる。女優の酒井法子(47)が有罪判決を受けたのは2009年。
12年11月に芸能界に復帰し、地に足をつけた活動で徐々に仕事の幅を広げてきた。
現在の様子や心境、ファンへの感謝の思い、意外なマイブームなど赤裸々に語った。(取材・田中 俊光)

デビュー30周年を迎えた一昨年、16年ぶりのコンサートに臨んだ。ディナーショーや地域のお祭りゲストなど、
ファンとの距離が近いイベント出演にも精力的。初心を思い返しながら奮闘する日々だ。

「デビュー当時は、そういうお仕事がたくさんあって。今また、お客さま一人ひとりの表情が
見える所でやれているのは楽しいですね。この前のお祭りは子供さんが多かったので
『のりピー音頭』とか、楽しんでもらえるような曲を並べたら、すっごく楽しそうに聴いてくれて。
『のりピー!』なんて言ってくれて、とってもうれしかったですね」

台湾、中国、香港などアジア圏の人気は健在。1月に香港で開いた単独コンサートのチケットは3日で完売し、
現地メディアは「怪物級美魔女」と取り上げた。

「温かいコンサートでした。ファンの方が曲ごとにやることを決めてくれていたみたいで、
ライトを照らしたり、ボードを持ってくれたり。張り切りすぎたのか、
3、4曲歌った頃に聞いたこともないかすれ声になってしまって申し訳ない気持ちでしたが、
逆に私が力をもらったようなコンサートをさせていただきました」

アジア友好の懸け橋として依然として大きな存在。

「そんな大それたものはないですが、文化も言葉も違う人が音楽なりを通じて交わって、
楽しい時間を過ごすっていうのはいいですよね。私が何かのためになるなら、うれしく思います」

47歳になった今も美貌は健在。秘訣(ひけつ)は。

「おこがましくて何も言えないですよ(笑い)。毎日、鏡の前に立つと『あちゃー』と嫌になりますが、
自分を奮い立たせて頑張っています。太りそうな物は我慢しようとか、運動も自分に厳しく。
週5日ぐらい、ホットヨガ、筋トレ、ダンスレッスンをやっています」

事件から9年。今、思うこと。

「こうして仕事をさせていただけて、本当にありがたいと思います。自分が犯したことはもちろん忘れずに、
でも、ずっと立ち止まっていても何も変わらないので、前を向いてやっているつもりです」

いまだに風当たりは強い。

「もともと、私のやったことが原因ですから。私にはどうすることもできないし、する権利もない。
私が活動していることに不愉快な思いをされる方がいても不思議ではないし、一方で応援してくださる方もいます。
これは一生続くことだろうと思うので、させていただけることを一生懸命やって、
応援してくださる方に少しでも喜んでいただくのが、私の生きる道なのかなと思います」

最近は、何げない日々に幸せを感じるという。

「何でもない日常が毎日続くってことが、ありがたいなあと思いますね。そんなふうに思うから毎朝、
神棚に手を合わせたりしちゃって。『また一日を迎えさせてもらってありがとうございます』って」

(後略、全文はソースで)
スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180528-OHT1T50234.html
本紙のインタビューに答える酒井法子。現在の心境を穏やかに語った


3 :情報通な名無し 2018/05/29(火) 18:37:37 /BYXe7Rh0
俺ののりピー完璧だわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です