【科学・技術】東大「MEGA地震予測」がすごい! 「東日本あるいは九州、東海で大地震」

1 :情報通な名無し 2018/04/10(火) 23:44:09.24 8jO/ElR/0.net BE:759857947-2BP(1500)
 2013年以降、測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授がメールマガジンなどで発表し続けてきた『MEGA地震予測』は、
この3月からAI(人工知能)による予測を実用化させている。現在運用中のAI地震予測では、全国を30地区に分けて予測を行なっている。

 2018年2月4日〜10日の電子基準点の変動(上下動、水平方向の動きなど)をもとに、
AIが過去12年間のデータと比較して地震の発生リスクを算出。警戒レベルごとに6段階に分けて評価した。別掲のマップにある円で示されない陸地部分はすべて「レベル0」となっている。
円内に示したのは、各地区の代表的な電子基準点の名前で、JESEA(村井氏が会長を務める民間会社=地震科学探査機構)ではこれを30の地区の呼称とした。

「AIには全ての電子基準点のデータを12年分記憶させていますが、現状の能力では全国1300か所の分析は間に合わない。
そのため、日本全域を半径約150キロ圏内の30地区に分け、各地区内から抽出した6つの電子基準点の動きを予測に用いています」(村井氏)

 AIが予測するのは「震度4以上の地震が半年以内に発生するリスク」だ。
警戒レベルを0〜5の6段階評価で分析する。国土地理院から発表された2月10日までの1週間のデータを元にAI予測を行なった結果が、別掲のマップだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180322-00000003-pseven-soci

●JESEAでは毎週水曜日にスマホ・PC用ウェブサービス「MEGA地震予測」(月額378円)で情報提供している。

2 :情報通な名無し 2018/04/10(火) 23:44:33.03 8jO/ElR/0.net BE:759857947-2BP(1500)
MEGA地震予測は、東北、北信越、岐阜、九州南部を、
もっと危険度の高い「要警戒」と予測していました。関東、北海道、東南海、南海も「要注意」としていました。
いかにも鳥取島根だけ予測していたような宣伝には騙されないようにしましょう。
https://twitter.com/yokohama_geo/status/983091750636896256?s=21
33 :情報通な名無し 2018/04/10(火) 23:54:04.39 +FvgAjeC0.net
・10代〜20代、もしくは30代〜40代、または50代以上の人物
・日本人あるいは外国人の男性もしくは女性
・計画的な犯行でなければ突発的な犯行の可能性
・精神病院への通院歴がある。ただし必ずしもそうとは言えない
・無職である可能性が高いが学生もしくは何らかの職についている可能性もある。
・単独犯もしくは複数で犯行を行っている
・怨恨もしくは突発的な犯行
・土地勘の有る人物、もしくは流しの犯行
・家族構成に詳しい人、または全く関係のない人物
・力のある人。ただし必ずそうとは言えない
・車の運転が出来る人だが、その人自身は運転が出来ない可能性もある”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です